忍者ブログ
戦徒と言う名のサポートパートナー


宙を切り裂いて、お兄さんが一人、登場しました。
戦徒(ポーン)と呼ばれる存在だそうです。



色々(本当に色々)あった、最初のお使い。
どうにかクリアして戻ってきたら。
金髪お兄さんがこんなことを言ってきました。
次のイベントのはじまりのようです。

言われるままにイベントを進めると、まず最初に解説があります。

異界から現れ、覚者様に従う存在、それが戦徒。
要はPCをサポートするNPCってことですね。


PSO2で言う「サポートパートナー」と同じような存在。
戦徒とパーティを組み、ソロ活動する方が多いという話も耳にします。

契約するためには戦徒の故郷「ポーン郷」に行く必要があり。
そこでは里長さんから、更に解説をされます。

戦徒は、実は不死身であるとか。
個人(?)の意思は持ってないとか。
主人である覚者様には絶対服従だとか。
…まあ。サポートNPCが反乱起こしたら、それはそれでドラマです。

 

で。お約束と言うか、何と言うか。
契約のための試練とやらを受けることになりました。


試練はひとりで臨まなくてはならず、出始めとしては不安が残ります。
初期イベントとはいえ、此方は未だ要領がよく判っていません。
(加えて。プリーストって攻撃力あんまり高くないですし)
結果、途中で彷徨えるポーンさんに一回ノックアウトされ…(遠)
それでもどうにか、最奥部へたどり着き、必要アイテムを入手。
戦徒をお迎えすることになりました。


戦徒の名前は「Conrad(コンラッド)」です。
由来は、PCと同じくバレエ(及び物語詩)の「海賊」より。
ヒーローである、海賊さんのお名前をいただきました。


戦徒には、口調の設定をすることができますので。
「海賊だから」と言う理由で「ワイルド」な口調にしました。
当然ながら(何)最大身長の210cmです。

その後のヘルプ画面(?)によると。

・初期状態(?)で契約できる戦徒は二人(後に枠1つ追加あり)。
・戦徒とパーティを組んで冒険に出かけるのが基本スタイルのひとつ。
・戦徒には「クラフト」を頼むことができる。
・自分以外の覚者様の戦徒もレンタルすることができる。

大体、こんな感じの解説が。


1人目の戦徒と契約した暫く後から、やたらと出て来たメッセージです。
2人目の戦徒との契約も、さっさとしなさい、と言うことでしょうか?



こちらは、レンタルでお手伝いをお願いした、別の覚者様の戦徒さん。
自分たちよりも少しばかりレベル高めの方をお招きしました。



戦徒にクラフトを頼むイベントなどもあったりします。
この時は、指輪を作るのが課題でした。


そして。戦徒と契約したら、自分のお部屋を貰えます。
(パートナー指定した戦徒と一緒に生活する場所ってことらしいです)
必要最低限の家具しかなく、がらんとしていて、寂しい感じですが。
それなりに広くて、まあ、中々良い感じです。

お部屋の中では、パートナー指定した戦徒が歩いたり座ったりと。
色んな行動を見せてくれます。
お部屋の中で活動するパートナーNPCの姿は、何だか新鮮に感じました。

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
記録者

橘瑞穂
MMOPRGやら、MORPGやら。
色々と手を付けています。

長らく続けていた航海者をお休みし、アークス業をしていましたが。最近になって覚者様にも手を出し始めました。
このブログには、雑記を綴る予定です。複数のゲームを平行していますので、別の作品の話題も結構出ることになるかと思います。

P R